あなたと私

おとなのおとこのこ。

痛みに耐えることはさほど難しくない。

こんばんは、水玉です。皆さんは、この暑い天気の中、いかがお過ごしですか?
私は元気です。
ちょっぴり苦いような、甘酸っぱいような日々は過ぎ去り、また徐々に自分らしさを取り戻しつつあります。
実を言うと、失恋をしたのです。初恋は儚く散りました。でも意外と落ち込んではなくて、そりゃあ多少は切ないけれど、むしろすっきりしました。これでやっと素直になれるから。素直な自分に戻れるから。

好きな人ができると、どうしてもその人に好かれようと、自分を演出したり、慣れてもないかけ引きをしてしまいがち。その日々は優しくもあれば、痛くもあります。甘酸っぱいと言われる所以がなんとなくわかったような気がします。
付き合う前までが(告白する前までが)楽しい。その気持ちも理解できました。

もう、自分を飾ったりする必要がないから、今はゆったりとした気持ちでいるけど、相手の気を引こうと、あの手この手を使ってコンタクトを図っていた健気で愛おしい日々や、相手の反応や言葉一つ一つに敏感になっていた自分が恥ずかしくも、懐かしくもあります。

私はこれからどういう風にあの人とコミュニケーションを取ればよいのでしょうか。
なんなかんやまだ吹っ切れてないのかもしれません。
ただ、私はまた一つ強くなったと思います。

次の恋は、しばらく探しません。