読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたと私

おとなのおとこのこ。

Into the New World / SKY

衝撃の事実!!!!!
私にとっては。

マットレスが、裏表反対でした……
(鼻毛伸びるレベルでどうでもいい)

ここ最近ずっと寝付きが悪かったのもきっとそのせいですね。
今宵はきっと安眠ナイト……って、こんな時間にブログを更新している時点で安眠とは言いがたいですが……

そういえば、昨日は例の学歴厨の友達の参考書選びに付き合いました。
浪人生のショッピングといえばもはや本屋の参考書コーナー……
なんだろう、この漂う悲壮感は……😢😢😢😢

最近は彼女もドキツイことは言わなくなりました。
あのときは彼女なりに焦っていたのでしょう。私とは違い、彼女は焦ると過激な発言をするようになる。
私も長いこと付き合ってるだから、気付くべきでした。

私は心の底ではいつも、友人とか親い人に本当の自分を分かってくれるよう願っていました。だだっ子のように。だから願うというよりは、ねだっていました。
自分だって相手のことを分かろうとしてなかったくせに(わかった気になってただけ)相手にはそれを求めるなんて、思うと本当に利己的で幼稚。
相手はきっと手を差し伸べてくれていたのかもしれない。私は知らず知らずのうちにそれを握っていたが、相手に手を差し伸べたことはなかった。

浪人生は一人の時間が多いので、こういうくだらないことをつい考えてしまいます。
未来の妄想の合間に差し込まれるようにして入ってくる過去の自分。
今になってようやく客観視できる。
私もあのときはひたすら焦っていたのです。
ずっと、ずっと焦っていたのです。
いつの間にか思春期も過ぎ去り、私は心を意図的に麻痺させました。
もう少し思春期のままでいてよかったのかも。
ただ無駄に焦って、結局は同じ木の周りをそうとも知らずぐるぐる走っていただけだった。
今は少しだけ止まってみようと思います。

このブログで、あの子のことを学歴厨の友達って呼ぶの、もうやめよう。