あなたと私

おとなのおとこのこ。

春から…

受験結果は虚しく。。。第一志望には不合格しました。

たびたびブログに出てくる青山学院大学にはなんとか合格したけど、浪人することにします!

卒業式、とっても複雑な気分です。

皆進路が決まってキャッキャウフフしてる中、自分だけ着々と来年の試験に向けて準備をするのはとても孤独なものですね。

来年合格する確証があるわけでもないのに、しかも、進学先がないのは、明治学院大学青山学院大学の入学手続期限の締め切りが過ぎたからというへぼい理由なのに、こんなヘタレがもう一年勉強して早慶上智に届くのかって話ですよね。

医学部とか東大目指すわけでもないのに、しかも私文で浪人だなんて、よっぽど現役時代勉強しなかったんだな、と思われるだけですよね。。。
後期で東京理科大学経営学部でも受けるべきか否か……

別に経営を専攻したいわけではないし、理科大に思い入れがあるわけでもない。
将来の夢が一応クリエイターの私は、やっぱり芸術や文芸をやりたいのです。
大学では感性を思いっきり育てたいのです。

でも、次もワガママ言って芸術系の学部や文学部だけに焦点を当てたら今年のようなへぼい事件が起こるでしょう。第一、第二志望群は青山学院大学だけ!というのは完全なる戦略ミスです。
先生の言う通り、明治も受けるべきでした。手続き期限が国公立合否発表の後なので。たとえ青学に払い忘れてもなんとかなったはず!
あと明治学院大学は受けた意味がもはやなかった←

というわけで、来年は怠けずに、もっと多くの学校を受けます。
心理学や教育学にも興味があるので、上智大学の総合人間科学部教育学科(第一志望群)と青山学院大学の教育人間科学部心理学科(第二志望群)を志望に追加します。
理系の学生のほとんどが自分の志望専攻に加え理工学部を受けるように、私も一つの学部に絞らないことにします。(反省反省)
明治大学にも青山学院大学総合文化政策学部(第二志望群)のようなメディアやアート、カルチュラルスタディーズについて学べる学部があることを今更ながら知ったので、明治大学の情報コミュニケーション学部と文学部文芸メディア学科を受けようと思います。(国際日本学部と政治経済学部のイメージしかなかった。笑)
そして、明治学院大学は受けに行くのがかなり大変だったので、代わりに法政大学国際文化学部(第三志望群)と立命館大学映像学部(番外編)を都内で受けようと思ってます。
センターは、、、どうかな……って感じです。
そして、第一志望群は上智大学に加え、更に3校受けようと思います。

今年は第一志望群2校、第二志望群1校、第三志望群2校と少なすぎた分実力も伴わず、へぼい失敗をしたんだと思います。
来年はこれを教訓にして、無駄のない日々を過ごそうと思います。